6月12日 源泉まつりが行われました。


西暦1312年6月12日に開湯、今年710年目を迎えることができました。

私たちが、今もこの地に居られるのもコンコンと湧き出る温泉のおかげ、ご先祖様のおかげです。

そして白布温泉を愛してくださる方々のおかげです。

変わらぬ自然に感謝しつつ今年一年無病息災で皆が過ごせますようにお祈りいたしました。


笹野観音の住職さん

今年もコロナ禍の状況で身内でけでのお祭りとなりましたが

子ども達も参加してとっても賑やかな源泉まつりになりました。

東屋の大旦那さんによる乾杯の挨拶です。

今日の一枚 白布温泉の源泉約60度 毎分約1500ℓが自然湧出しています!

18回の閲覧0件のコメント

6/11 天元台夏山開きが行われました。


今年も安全で皆が山行きができるようお祈りいたしました。

山開きは、天元台、白布温泉の夏を告げるサインです。


自然の中に身を置いて新鮮な空気を吸いに来てみませんか?

グリーンシーズンは、是非天元台へ!

米沢にとって山岳観光の大切さそして天元台への思いをお聞きしました。

私たちも身を引き締めお客様への「おもてなし」を大切にしていきたいと思います!

子どもが遊べるスペースもあります。寝っ転がったりボール遊びをしたり、大声をだしても!

緑と青空が眩しい!リフトを3基乗り継いで西吾妻山登山口へGO!

リフトに乗らなくて眺望スポットがあります!【パノラマ展望台】

見えますか?米沢の市内です!ちょっと靄がかかっていますが晴れると蔵王山、鳥海山、月山が見渡せます。

【空中展望台】 兜山がはっきり見えます。市内から見る形とちょっとちがいますね。

兜山は、上杉家の米沢移封に際し、直江兼続が城下の整備を進めるため、山頂から城下を眺め、屋敷・道路・堰の配置など、基礎ともなる町割りを決めたとされる山です。


西吾妻山を登って紹介したいと思っていたのですが今回は、新高湯さんの方へ降りて行く山道をご紹介です!って言っても実は吾妻の細竹を採りに行きます!

写真の通り約800mのコースです。

早速!物色中


山の師匠 にょきにょき筍スポット発見!

じゃーん!!


最高の山道です! ところどころ足場が険しいところがありますがとっても癒される山道です。

はーい!着きました!新高湯温泉さん♡ 写真じゃ伝わらい絶景風呂です!


今日の一枚 まだ小さいですが ギンリョウソウ(銀竜草)

28回の閲覧0件のコメント

6/10 白布消防団による防火用水路のメンテナンス&草刈りが行われました。


前々回の地域活動でもお話しましたが、私たちの生活に欠かせない『水』。

吾妻山から流れる水を生活用水の一部として使っています。

もちろん水道水もありますが山に住むものとして山水は必要不可欠なのです。

緑が生い茂始めるこの時期まずは草刈りからです!


合わせて源泉の草刈りも行われました。

明後日12日は、白布温泉でもっとも大切な行事『源泉まつり』が開催されます。

白布温泉の開湯が、西暦1312年6月12日なので今年でなんと!開湯710年になります。壮大!

『源泉まつり』の内容は次回ご報告させていただきます(^^)/


※コロナ禍の状況ですので関係者のみで行わせていただきます。


橋の下に防火用水のヒューム管があります。 この景色すごくいいですね!

水路

草刈やすしさん&草刈なおとさん 木の根元が雪の重みで曲がっています。

草刈こうじろうさん (白布消防団班長)

草刈ゆきおさん



源泉まつりの準備 ここは東屋・中屋・西屋によるお仕事です。これも昔から続くとても大切なお仕事。

そのころ草刈やすしさんと草刈なおとさんは白布高湯分校の草刈りへ

地域のメンテナンスもとっても重要です。

源泉まつりの準備 森の館野村さん

1号源泉 約60度の温泉が湧いています。

なんとここに胸ポケットに入れていたスマホが!

ポチャン!・・・ この熱さに手を突っ込む!あら不思議真っ赤な腕の出来上がりです。

この白布と赤布は、年に一回源泉祭りの前に建てる旗です。

中屋 平右衛門さんも参戦です! こうやっていろんな事が受け継がれていくのですね。


はい!できました。!(^^)!

白布温泉源泉まつりのご報告お楽しみに!


いつもご覧くださりありがとうございます。


今日の1枚 ハスクバーナーBCゼノア2020を装着!この草刈りで白布温泉を丸裸に!?


「農村ニュース」に出てた2020年限定ゴールド仕様 110 周年記念モデルでしょうか?

気になるところです。

23回の閲覧0件のコメント